スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Candle(ローソク足)について

FXチャートや株価チャートのローソク足チャートとは、1日や1時間というように時間を区切った時の、始値(はじめね)、高値(たかね)、安値(やすね)、終値(おわりね)という四本値(よんほんね)を形で表した「ローソク足」で相場の動きを表現します。日本で最もポピュラーなものです。
Candle001.png
上記のローソクの色や形を見るだけで、大体な値動きを分かります。「トレンドは反転するまで継続する」というのは、右肩上がりの上昇トレンドにあるならば、トレンドの途中で買えば利益になりやすいです。トレンドを確認し、そのトレンドが続きそうかどうかを探るのがローソク足チャートの役割です。

上昇(下降)トレンド継続の条件として、前の高値(安値)を更新していく動きと、前の安値(高値)を割れないことです。つまり、前の高値を更新し、前の安値までは下がらないで、再び上昇するという動きがあれば、上昇トレンドが続く可能性があると考えられるのです。買いシグナルの条件として、①前の高値を抜けていく動き、②調整時でも前回の安値を下回らずに再上昇する動き、または③もみ合い状態の後、上に抜けていく動きがローソク足チャートでの出現は代表的な買いシグナルとなります。
Candle002.png

単一チャートでは、ダマシに要注意!上昇トレンド継続を示す買いシグナルが出たからといって、必ず上昇トレンドが続く保証ではないです。実際に、価格が下がり始め、上昇トレンドが終わってしまうこともあります。ダマシ防止するため、複数時間足の動きを注視することが大切です。下記の複数時間足のローソク足チャートを表示できるインジケーター「MTF4_Candle_AlertMail」の画面です。
Candle003.png

Candle関連EAとインジケーター:
マルチタイムフレームローソク足の表示
通貨強弱 一目瞭然
マルチ売買 裁量+自動売買
マルチ売買 超シンプル裁量セットについて
マルチ売買EA

トレンド判断ロジックの基本は、ローソク足の陰陽を複数時間足で判断しエントリータイミングを図るものです。

その中に、売買サインのロジック②と呼ばれるのは、28通貨ペアのそれぞれの全時間足の強弱を比較して、時間足別で選別します。指定された複数時間足のパーフェクトオーダーになったら売買サイン②になります。つまり、それぞれの時間のチャートで、ローソク足が揃ったものをリストアップしてくれるです。

売買サインのロジック①と言うのは、主要8通貨(EUR,GBP,AUD,NZD,USD,CAD,CHF,JPY)の全通貨ペアのローソク状態(陰線/陽線になったペア数)を調べ、通貨毎に数字化してランキングを作成します。強くなっている通貨と弱くなっている通貨を、時間足別で最強通貨と最弱通貨を探して通貨ペアを定め、指定された複数時間足(M1/M5/M15/M30/H1/H4/D1/W1/MNから)の強弱と合致すれば、売買サイン①を出します。
Candle004.png
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
プロフィール

実録FX

Author:実録FX
多通貨・複数時間足を分散することで、相場の流れに対し有利な自動売買EAの構築を目指しております。

基本的なトレード手法はスイングのトレンドフォローです。相場強弱、エントリータイミング、ロスカット、エグジットのトレード精度向上を目指します。取引事績や基礎知識などを随時更新していきますので宜しくお願いいたします。

「相互リンク」、大歓迎です。同ジャンルであれば基本的に、リンクを断ることはありませんので、貴ブログに当ブログのリンクを設置後でも、ご連絡いただければ当ブログで貴ブログのリンクを追加させていただきます。

投資につきましては、各自のご判断で行って頂きますようお願い致します。当ブログで提供している情報は、投資を勧誘する目的で提供しているものではありません。一切責任を負いませんのでご了承ください。

当ブログの詳細は以下の通りです。
・ブログ名:必勝の方程式 「トレードの真実」
・URL:http://thrustbands.blog.fc2.com/
お時間のある方はぜひご覧ください。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
経済指標
最新コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。