途転(ドテン)売買について

途転(ドテン)売買とは、て、簡単に説明すると、買いポジションと売りポジションを交互に取りながら売買していくことです。運用面で一気に方向転換するため、心理的に抵抗感はありますが、利益をあげるには有効なテクニックと言えます。

途転(ドテン)売買のサイクルは、通貨強弱の買い(売り)サインに従って、買い(売り)開始して、次の売り(買い)サインで買い(売り)ポジションを決済する同時に、売り(買い)も仕掛けます。そして、次の買い(売り)サインで、売り(買い)ポジションを手仕舞いし、新たに買い(売り)を仕掛けます。

買い(売り)ポジションが損切してしまったら、ドテン売り(ドテン買い)を仕掛けます。内部ロジックより損小利大の原則で、ポジションが利食いできたら、次の売買サインで新しいサイクルを始めます。

途転(ドテン)売買では、下げ相場なら売り、反転して上げ相場では買いに自動切替してトレンドフォローします。
Spandz_002.png

途転(ドテン)売買では、システムによって反対売買のトリガー(利食い・損切)がかかっています。天井知らずの上昇相場では、売りシグナルで買いポジションを手仕舞うことになりますので、利益は伸ばすことできます。
Spandz_003.png

途転(ドテン)売買では、通貨強弱の最適化売買サインに従って、感情移入せずシステムの判断で淡々と買い、売りを繰り返す投資手法です。その結果は、それぞれ掲載されているバックテストとフォワードのパフォーマンスをご確認ください。

Spandz_005.png

Spandzシリーズは、途転(ドテン)売買が基本スタンスで、通貨の動きを指数化して、勢いや方向性とボリュームの変動で捉えることでシステムトレードへと進化してきたEAです。

売買時間帯や途転倍率などを調整することで、こだわりの強い方でも満足できるオリジナルのシステムをお作りいただくことが可能です。コツコツとリターンを積み重ねて、ゆっくり、じっくり利を投資しましょう。

相場の世界では、今の水準で買いしていいものだろうか、今は売り方がいいのであろうか、自分の足元が見えなくなるとき、誰しもが悩みます。そうした時に、「通貨強弱」をはじめとしたツールがあると大いに役に立つのです。常に最適な売買サインを実現してもらえるように、買い手がすでに戦意喪失して少し売り手が現れるころ合いを見計らって売りシグナルが点灯するように計算をしています。しかし、残念ながら「ダマシ」が発生したら、どうしましょう?

利食いドテンは愚の骨頂、損切りドテンは福の神

ストップロスを越えて損切になったら、相場が転換する可能性がありますので、「損切りドテン」は利益につながり、つまり「損切りドテンは福の神」ってことです。

逆に、上昇トレンドに乗った状態で天井と思われるところで、「利食いドテン」した場合は、損失が出る可能性が高いです。なぜなら、上昇トレンドの天井と思われるポイントから、さらに上昇する可能性が高いですから。

Spandzシリーズは、途転(ドテン)売買について、注文時のロットサイズを調整可能です。倍返しや倍々返しなどのように、ロットサイズ倍率の指定可能です。「=1」の設定では、同じロットサイズでドテンします。指定されたドテン回数(騙された回数)を超えなければ継続します。

ダマシ(fakeouts)こそ最高のサイン

ダマシとは強者(銀行やヘッジファンドなどの企業トレーダー)が弱者(小口の個人トレーダー)をだますことで、例えば一旦レジスタンスラインを抜けておいて、すぐに反転してサポートラインへ戻るような相場と言います。狙いは弱者のロスカットのお金を奪うことです。

強者を止められるのは別の強者しかいませんが、我ら弱者は強者の存在と気配を感じとり、自分の身を守ることしかできませんが、ダマシを見極める事より、ダマシを利用するのは、Spandzシリーズの特徴です。

根拠あるトレードできれば、連続の損切のような「往復ビンタ」後のドテン売買ほど重要なシグナルはないと思います。「ダマシほど重要なシグナルはない」という視点もできます。特にレンジ相場からのブレイク・アウトや各市場間(東京市場、ロンドン市場)の乖離でも利用できます。
Spandz_001.png

一本満足 Soku_EURUSD
一本満足 Ren_GBPUSD
一本満足 Han_GBPJPY

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
プロフィール

実録FX

Author:実録FX
多通貨・複数時間足を分散することで、相場の流れに対し有利な自動売買EAの構築を目指しております。

基本的なトレード手法はスイングのトレンドフォローです。相場強弱、エントリータイミング、ロスカット、エグジットのトレード精度向上を目指します。取引事績や基礎知識などを随時更新していきますので宜しくお願いいたします。

「相互リンク」、大歓迎です。同ジャンルであれば基本的に、リンクを断ることはありませんので、貴ブログに当ブログのリンクを設置後でも、ご連絡いただければ当ブログで貴ブログのリンクを追加させていただきます。

投資につきましては、各自のご判断で行って頂きますようお願い致します。当ブログで提供している情報は、投資を勧誘する目的で提供しているものではありません。一切責任を負いませんのでご了承ください。

当ブログの詳細は以下の通りです。
・ブログ名:必勝の方程式 「トレードの真実」
・URL:http://thrustbands.blog.fc2.com/
お時間のある方はぜひご覧ください。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
経済指標
最新コメント

Top