バックテストについて

バックテストとは、売買ルールが過去の相場で通用したかどうかを調べることです。
MT4のStrategyTesterを使用すれば、数年間分のチャートの検証も簡単にできます。今現在儲かっているシステムでも、たまたま現在の相場にマッチしていたか、長期的に儲かっているシステムかなどを分かります。

過去の相場で儲かったからと言って、現在の相場でも確実に儲かるわけではありませんが、それでも過去のデータから最大のドローダウンや期待値などが分かり未来の損益を予想しやすくなります。

MT4の画面左上のストラテジテスター(StrategyTester)をクリックすると、メタトレーダーの画面下に画面が現れます。
画面下にバックテスト用の設定画面が表示されます。
ExpertAdvisor(エキスパートアドバイザー):使用するEAを選択する
Symbol(通貨ペア):テストする通貨ペアを選択する
Model(モデル):使用するチャートデータを選択する
Use data(日付と時間を使用):テスト期間を選択する
VisualMode(ビジュアルモード):過去を実際チャートで見ながら検証していくことができる
Period(期間):時間軸(足)を選択する
ExpertProperties(エキスパート設定):パラメータの入力するなど

Model(モデル)について
全ティック(Everytick)は、最短期間のレートを利用するため、もっとも精度の高い方法です。ただしバックテストに時間を要することになります。リミット、ストップを入れたEAは同方法で検証することをおすすめします
コントロールポイント(Control points)は、一定期間に1度レートを取得し検証する簡易テストです。全ティック検証よりやはり精度は落ちます。
始値のみ(Open prices only)は、 始値に基づきバックテストを行う方法です。ロウソク足を分析するための一番早いバックテスト方法。足確定でエントリー、エグジットを行うEAはこの検証方法でも問題はありません。
※リアルトレードと同じ環境になる全ティックでバックテストを選びましょう。

「スタート」ボタンをクリックして、EAによっては時間がかかりますので、しばらくすれば、結果・資産グラフなどで確認できます。
「レポート」タブ内で右クリックし「レポートの保存」を選択することで、設定内容やグラフを含むバックテストの結果をレポート形式で保存することができます。

ヒストリカルデータについて

変動スプレッドの対応について
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
プロフィール

実録FX

Author:実録FX
多通貨・複数時間足を分散することで、相場の流れに対し有利な自動売買EAの構築を目指しております。

基本的なトレード手法はスイングのトレンドフォローです。相場強弱、エントリータイミング、ロスカット、エグジットのトレード精度向上を目指します。取引事績や基礎知識などを随時更新していきますので宜しくお願いいたします。

「相互リンク」、大歓迎です。同ジャンルであれば基本的に、リンクを断ることはありませんので、貴ブログに当ブログのリンクを設置後でも、ご連絡いただければ当ブログで貴ブログのリンクを追加させていただきます。

投資につきましては、各自のご判断で行って頂きますようお願い致します。当ブログで提供している情報は、投資を勧誘する目的で提供しているものではありません。一切責任を負いませんのでご了承ください。

当ブログの詳細は以下の通りです。
・ブログ名:必勝の方程式 「トレードの真実」
・URL:http://thrustbands.blog.fc2.com/
お時間のある方はぜひご覧ください。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
経済指標
最新コメント

Top