HaSmothed(平均足スムースド)について

平均足スムースドは、2本の移動平均線をもとに生成した平均足です。通常の平均足より、陰陽の切り替えが少ないことで、 上昇トレンドで連続陽線、下降トレンドでは連続陰線が表示され、多少の動きでは色が変わらないので大きなトレンドを掴みやすくなります。


Ha_HaSmothed.png


平均足スムースド無料ツール「TB_HaSmothed_Free」をここから入手できます。下記は「TB_HaSmothed_Free」のチャート画面です。

TB_HaSmothed_Free001.png 

平均足スムースドを利用すれば、ダマシ少ない反面、値動きに対する反応が遅いのはデメリットです。


トレンドの終鳶・転換が近い時は、実体が短くなる傾向があります。 特に、レンジ相場の場合は頻繁に転換(ダマシ)が起こるので、複数時間足のトレンド状態やパーフェクトオーダーを監視する必要があります。


下記は、MTF4_HaSmothedBar_AlertMailのチャート画面です。

MTF4_HaSmothedBar.png


上記チャートのサブウィンドウには、平均足スムースドバーを4本が表示します。画面の矢印に、一番下のバー(長時間足)がトレンド転換し、4つのバーの色を揃いました。このような、パーフェクトオーダーの開始ポイントは、エントリーのタイミングでしょう。



 


スポンサーサイト

ウィリアム%Rについて

Williams' Percent Range、ウィリアム%R(William’s %R)はオシレーター系のテクニカル指標で、直近の価格の終値が、一定期間内の値幅の中で、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を表すオシレーター系テクニカル指標です。

直近価格の終値を重視しているところで、RSIとは異なりますが、ストキャスティクスの%Kに近いものです。期間設定は一般的には、「14」の設定を行います。

ウィリアムズ%Rは、0%~-100%の数値で表示されます。
-20%以下は「売られ過ぎ」を表し、-80%以上は「買われ過ぎ」となります。
振幅が激しいので、頻繁に-20%割れや-80%超えという現象が起こります。

MQL4では、William’s %Rの値を取得するためiWPR()を使用します。
double iWPR(string symbol,int timeframe,int period,int shift);

計算は下記のとおりです。
ストキャスティクスの計算式とよく似ています。

%R = -(MAX (HIGH (i - n)) - CLOSE (i)) / (MAX (HIGH (i - n)) - MIN (LOW (i - n))) * 100

 CLOSE (i) — 終値;
 MAX (HIGH (i - n)) — n期間の最大値;
 MIN (LOW (i - n)) — n期間の最小値

利用方法:
一般的には、%Rの数値が0%に近いほど高値警戒水準、-100%に近いほど下値警戒水準となります。

%Rの数値が-20%以上で「売り」のサイン、-80%以下が「買い」のサインとなりますがWilliams%Rは、価格の小さな振れに敏感に反応しやすく、0%や-100%近辺の数値になり易くダマシとなるケースもあります。

ただし、実際に単純に0%近辺なら「売り」サイン、-100%近辺を「買い」サインと判断せず、ガーベージトップ(ガーベージボトム)を形成した後にそのレンジを上下に抜けた地点を売買サインとする手法が有効と言えます。

①ガーベージトップ
%Rの数値が0%近辺を何度かタッチしてから下落する動きを指します。
ガーベージトップを形成した後にハイ・ラインを下抜けた時、上昇から下降への反転のシグナルとなり「売り」サインとなります。

②ガーベージボトム
%Rの数値が-100%近辺を何度かタッチしてから上昇する動きを指します。
ガーベージボトムを形成した後にロウ・ラインを上抜けた時、下降から上昇への反転シグナルとなり「買い」サインとなります。

③ライントレードと組み合わせ
まず、売買ポイントとなるレジスタンスライン(サポートライン)を注目します。

売買ポイントの付近で、ウィリアムズ%Rが再度、-20%(-80%)を超えて売りサイン(買いサイン)が点灯した時にエントリーします。

④ダイバージェンス
価格の切り下げている(切り上げている)中で、オシレーター系テクニカル(ウィリアムズ%Rなど)が切り上げている(切り下げている)状態は、ダイバージェンスと言います。

ダイバージェンスが現れた時は、反転のサインと見ることができますが、必ず反転するわけではないことを要注意です。

注意点
Williams%R は、0%や100%といった数値をつけやすく、逆張りでのすばやい仕掛けが可能となる反面、価格に敏感過ぎてダマシが多くなることがあります。

ウィリアムズ%Rが機能する相場環境は、「レンジ相場」や「緩やかなトレンド」が出た時となり、強いトレンドが出ている時は全く機能しなくなります。そのため、単体で使うのではなく、トレンドラインやレジスタンスライン、移動平均線、DMIのADXを併用してトレンドレスの確認をして併用するのは有効と言えます。


関連EAとインジケーター:

4つ時間足のRsiBarを同時表示 パーフェクトオーダー開始と終了の通知
MTF4_RsiBar_AlertMail
MTF4_RsiBar_AlertMail | fx-on.com

各時間足RSIを8本同時表示 パーフェクトオーダー開始と終了の通知
MTF4_Rsi_AlertMail
MTF4_Rsi_AlertMail | fx-on.com

全通貨ペアと8通貨の最強通貨 音声とメールで通知
通貨強弱RSI 一目瞭然 全通貨ペア・8通貨・全時間足 強さランキング
通貨強弱RSI 一目瞭然 全通貨ペア・8通貨・全時間足 強さランキング | fx-on.com

複数通貨の同時売買対応、リスク分散して安定運用する高性能ツール 四週間で資金倍増しました
マルチ売買 通貨強弱RSI 二刀流エントリーツール(裁量+システムトレード)TBMTS_RSI
マルチ売買 通貨強弱RSI 二刀流エントリーツール(裁量+システムトレード)TBMTS_RSI | fx-on.com

二刀流 複数通貨の同時売買でリスク分散して安定運用する高性能EA
マルチ売買EA TBMEA_RSI
マルチ売買EA TBMEA_RSI | fx-on.com

買いと売り、開始と終了時刻(またはレート)を指定だけで、あなたの集金を自動化するツール
自動エントリーマシーン TBTR_Tool
自動エントリーマシーン TBTR_Tool?|?fx-on.com

売買の第一ポジションと目標を指定すれば、高い成功率の収益を自動開始します
自動エントリーロボット iCustom
自動エントリーロボット iCustom?|?fx-on.com

無料セット20点++無料セット20点++ | fx-on.com
無料EA・インジケーター・ツールなど24点を一括入手する | fx-on.com"

移動平均線だけで勝ってる!

移動平均線について、いろいろな使い方がありますが、移動平均線だけで勝ってます!?
多くの方は、チャート上に色んなテクニカル指標を表示してかえってごちゃごちゃしているとか、「移動平均線とりあえず表示させている」という人も多いようです。

移動平均線だけで本当に勝ってるのか?
真相を知りたかったら以下のような検証してみてください。

EURJPY 2015/12~2016/08
EURJPY_20160808MA.png
※赤丸枠は、売りエントリーポインとなります。

ゴールデンクロスとデッドクロスについて

移動平均線やMACDなど、2本の線の片方(短期)が2本目(中長期)を下から上に抜けていく形は、ゴールデンクロス(GC)と呼ばれて価格上昇のサインのひとつです。反対に、短期線が中長期線を上から下抜ける時に、デッドクロス(DC)と呼ばれて価格が下落していくサインとなります。ゴールデンクロス、デッドクロスは強いサインになりますが、サイン確定するのは価格の動き次第となり、当然だましになる時もあります。

複数時間足のGCやDCが同じ方向に揃ったトレンド状態は、パーフェクトオーダーとなります。複数時間足のパーフェクトオーダー形成時には、トレンド方向へのトレードは高い勝率が見込めます。

ストレート通貨だけではなく、クロス通貨も含めの全通貨ペア(円クロスやユーロクロスなど)の中に、複数通貨ペア(例え円クロス)が同じ状態になったら、クロス円のパーフェクトオーダーとなります。更に、複数時間足の強弱が揃うと、精度高いサインとなるでしょう。

インターバンク市場では、米ドルの取引が中心のため、米ドルが交換相手となる通貨ペアをストレート通貨と呼んでいます。一方、米ドルを交換相手としない通貨ペアはクロス通貨と呼ばれています。クロス通貨の中で対円のものをクロス円と言います。ポンド円、ユーロ円、豪ドル円などがクロス円と呼ばれます。

通貨の特徴
通貨の値動きがそれぞれの特徴があります。一般的にストレート通貨よりもクロス通貨の方が値動きは大きいと言われています。取引している人は感覚として分かっているはずです。ドル円よりもユーロドルの方が値動きが大きく、ポンドドルはユーロドルよりも値動きが大きくなっています。実際に取引をする際には1日にどれくらいの値動きがあるかを把握した上で、ポジションサイズを決めた方が良いでしょう。クロス円は短期で大きな動きがあるため、投資妙味がありますが、反対方向に動いたときには損失が膨らむのも早いからです。 また、値動きが大きいほどスプレッドは大きくなる傾向があります。また、クロス円は値動きが早いので、逆指値で注文を入れた場合にはスリッページが大きくなる場合もあります。


関連EAとインジケーター:

MACDを8本同時表示 パーフェクトオーダー開始と終了の通知
MTF4_MACD_AlertMail
MTF4_MACD_AlertMail | fx-on.com

MacdBarを4本同時表示 パーフェクトオーダー開始と終了の通知
MTF4_MacdBar_AlertMail
MTF4_MacdBar_AlertMail | fx-on.com

全通貨ペアと8通貨の最強通貨 音声とメールで通知
通貨強弱MACD 一目瞭然 全通貨ペア・8通貨・全時間足 強さランキング
通貨強弱MACD 一目瞭然 全通貨ペア・8通貨・全時間足 強さランキング | fx-on.com

複数通貨の同時売買対応、リスク分散して安定運用する高性能ツール
マルチ売買 通貨強弱MACD 二刀流エントリーツール(裁量+システムトレード)TBMTS_MACD
マルチ売買 通貨強弱MACD 二刀流エントリーツール(裁量+システムトレード)TBMTS_MACD | fx-on.com

複数通貨の同時売買でリスク分散して安定運用する高性能EA
マルチ売買EA TBMEA_MACD
マルチ売買EA TBMEA_MACD | fx-on.com

買いと売り、開始と終了時刻(またはレート)を指定だけで、あなたの集金を自動化するツール
自動エントリーマシーン TBTR_Tool
自動エントリーマシーン TBTR_Tool?|?fx-on.com

売買の第一ポジションと目標を指定すれば、高い成功率の収益を自動開始します
自動エントリーロボット iCustom
自動エントリーロボット iCustom?|?fx-on.com

無料セット20点++無料セット20点++ | fx-on.com
無料EA・インジケーター・ツールなど24点を一括入手する | fx-on.com"

続きを読む

Band Walk(バンドウォーク)について

Band Walk(バンドウォーク)とは、トレンド発生して、上下のボリンジャーバンドの向きが揃った状態で、ロソーク足(移動平均線X)が1σ~2σの間を行ったり来たりしている状態です。強いトレンドが継続していることを意味しています。トレンドの初動に乗れなくても、バンドウォークの状態を確認できれば、押し目買いや戻り売りで利益を上げることもできることです。
Bands003.png
ボリンジャーバンドは、常に、もみ合いなら収縮し、トレンド発生なら拡大し、チャートで長期スパンで見ると収縮と拡大を繰り返しを確認できます。通常のもみ合い相場(ボリンジャーバンドが収縮している時)では、上下の2σ間に、値動きが小さく振動し、急にロソーク足が2σを超えたり3σにタッチした時は、強い動きが生まれ、トレンドが始まる予兆かもしれません。このような、収縮していたバンドが上下に大きく広がって、トレンド方向に転換か?新しトレンドの発生したかを判断するのは、通貨強弱ツールです。

複数時間足で見極める
週足-->日足を見てから、1時間足、15分足、5分足とだんだんと時間足を短くして見るように、大きな流れを確認したら、大きな流れに逆らわないトレードを心がけることは重要です。複数時間足の総合的に見てトレンドの順バリを心がけましょう。

押し目買い・戻り売りでタイミングを図る:
バンドウォークで進行中に焦って追いかけるのではなく「押し目買い・戻り売り」です。目安となるポイントは、ボリンジャーバンドのミドルバンドなどで、トレンド方向へエントリーし、ボリンジャーバンドの反転などで利益確定するのは王道でしょう。2σに沿って上昇したり下落したりする「バンドウォーク」のときは焦って天井買い・底値売りをしてしまいがちだけど、冷静にボリンジャーバンドを見て戻りを待ちましょう。

通貨強弱で通貨ペア(ターゲット)を選定する:

複数の通貨、複数の通貨ペアから1番強い(弱い)通貨ペアを買い(売り)で、いちいちチャートを開いて確認しなくても取引する通貨ペアが迷うことなく絞れます。

Bandwalk状態は、ロソーク足(または移動平均線)とボリンジャーバンドの位置関係で判断します。上記インジケーターのパラメーター入力画面では、下記関数①②③で設定します。

まず、「バンドウォーク領域」を定義します。ボリンジャーバンド①期間と②偏差で調整します。デフォルト設定「=20,1」では、Bands20の±1σ外側となります。

次は、シグナル用として、ロソーク足(または移動平均線)の③移動平均線期間を指定します。デフォルト設定「=1」では、ロソーク足の終値が上記「バンドウォーク領域」にあればBand Walk(バンドウォーク)が成立します。③移動平均線期間を「=5」に設定変更すれば、5MAが「バンドウォーク領域」に突入したら、Bandwalk状態となります。

売買ロジック上記EAの売買ロジックは2種類があります。
その1、売買サインのロジック②と呼ばれるのは、28通貨ペアのそれぞれの全時間足の強弱(BandWalkの発生数)を比較して、時間足別で選別します。指定された複数時間足のパーフェクトオーダーになったら売買サイン②になります。つまり、それぞれの時間のチャートで、バンドウォークの有無を確認し、バンドウォークの発生が揃ったものをリストアップしてくれます。
Bands002.png 

その2、売買サインのロジック①は、主要8通貨(EUR,GBP,AUD,NZD,USD,CAD,CHF,JPY)の全28通貨ペアの全時間足のバンドウォークになった状態を調べ、通貨毎に数字化してランキングを作成します。強くなっている通貨と弱くなっている通貨を、時間足別で最強通貨と最弱通貨を探して通貨ペアを定め、指定された複数時間足(M1/M5/M15/M30/H1/H4/D1/W1/MNから)の強弱と合致すれば、売買サイン①を出します。
Bands001.png
ロジック①は精度高いです。常に多くなデータのダウンロードや大量な計算が必要ので、パソコンの高性能と高速インターネット回線は必要です。

取引の際に、下記の記事を参考し、MT4を軽快化してください。
ヒストリー内の最大バー数、チャートの最大バー数について
ヒストリカルデータについて
ヒストリカルデータを自動ダウンロードツール DownloadHistoryData


関連EAとインジケーター:

全時間足のボリンジャーバンドを表示します。
ViewAll_Bands
ViewAll_Bands | fx-on.com

複数通貨の同時売買でリスク分散して安定運用する高性能EA
マルチ売買EA TBMEA_Bands
マルチ売買EA TBMEA_Bands | fx-on.com

複数通貨の同時売買対応、リスク分散して安定運用する高性能ツール
マルチ売買 通貨強弱Bands 二刀流エントリーツール(裁量+システムトレード)TBMTS_Bands_Pro
マルチ売買 通貨強弱Bands 二刀流エントリーツール(裁量+システムトレード)TBMTS_Bands_Pro | fx-on.com

全通貨ペアと8通貨の最強通貨 音声とメールで通知
通貨強弱Bands 一目瞭然 8通貨(28通貨ペア) 全時間足 強さランキング
通貨強弱Bands 一目瞭然 8通貨(28通貨ペア) 全時間足 強さランキング | fx-on.com

4つのマルチタイムフレーム対応 通貨強弱表示OK
MTF4_BandsHis_AlertMail
MTF4_BandsHis_AlertMail | fx-on.com

各時間足と周期のボリンジャーバンドを8本同時表示
MTF4_Bands_AlertMail
MTF4_Bands_AlertMail | fx-on.com

買いと売り、開始と終了時刻(またはレート)を指定だけで、あなたの集金を自動化するツール
自動エントリーマシーン TBTR_Tool
自動エントリーマシーン TBTR_Tool | fx-on.com

売買の第一ポジションと目標を指定すれば、高い成功率の収益を自動開始します
自動エントリーロボット iCustom
自動エントリーロボット iCustom | fx-on.com

無料セット20点++無料セット20点++ | fx-on.com
無料EA・インジケーター・ツールなど24点を一括入手する | fx-on.com"
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
プロフィール

実録FX

Author:実録FX
多通貨・複数時間足を分散することで、相場の流れに対し有利な自動売買EAの構築を目指しております。

基本的なトレード手法はスイングのトレンドフォローです。相場強弱、エントリータイミング、ロスカット、エグジットのトレード精度向上を目指します。取引事績や基礎知識などを随時更新していきますので宜しくお願いいたします。

「相互リンク」、大歓迎です。同ジャンルであれば基本的に、リンクを断ることはありませんので、貴ブログに当ブログのリンクを設置後でも、ご連絡いただければ当ブログで貴ブログのリンクを追加させていただきます。

投資につきましては、各自のご判断で行って頂きますようお願い致します。当ブログで提供している情報は、投資を勧誘する目的で提供しているものではありません。一切責任を負いませんのでご了承ください。

当ブログの詳細は以下の通りです。
・ブログ名:必勝の方程式 「トレードの真実」
・URL:http://thrustbands.blog.fc2.com/
お時間のある方はぜひご覧ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
経済指標
最新コメント

Top