ユーロの利食目標

エントリーポイントについて、EURの買い場になるの記事をご参考ください。
EURの利食いポイントについて、EURの買い場になるの記事をご参考ください。
EURJPYの一部利食について、一部利食の記事をご参考ください。

EURUSDの買いポジション(1.0519)の利食い目標はそのまま、
月足SMA20(1.0980)と月足Fibo38.2%(1.1178)を目指します。


EURJPYの買いポジション(119.45)の残り半分は、月足SMA20(124.08)へ目指します。
スポンサーサイト

一部利食

エントリーポイントについて、EURの買い場になるの記事をご参考ください。
EURの利食いポイントについて、EURの買い場になるの記事をご参考ください。

EURUSDの買いポジション(1.0519)の利食い目標はそのまま、
月足SMA20(1.0980)と月足Fibo38.2%(1.1178)を目指します。


EURJPYの買いポジション(119.45)は、週足+1σ(122.80)付近で半分利食いしました。
残り半分は、月足SMA20(124.08)へ目指します。

EURの利食いポイント

エントリーポイントについて、EURの買い場になるの記事をご参考ください。

EURUSDの買いポジション(1.0519)の利食いについて、月足SMA20(1.0980)と月足Fibo38.2%(1.1178)を目指します。


EURJPYの買いポジション(119.45)は、月足SMA20(124.08)で利食いします。

EURの買い場になる

本日、米新規失業保険申請件数やカプラン米ダラス連銀総裁の講演が予定されていますが、相場が大きく動く可能性があるのは、トランプ大統領と製造業経営者の会談前後の「ツイッター爆弾」になるでしょう。

EURUSDについて、1.0519(週足-1σ)で買いました。
eurusd_20170223.png

EURJPYは、119.45(週足SMA20)に買いエントリーしました。
eurjpy_20170223.png

2015年8月24日安値116.131の手前で失速

昨日のUSDJPYは、2015年8月24日安値116.131の手前で失速しました。
欧州時間に116.124と2016年2月8日以来の高値を更新したが、NY時間は売りが優勢に
アジア時間安値の115.16を下抜け114.844円まで下げ足を速め、
NY終値は、115.007円でした。

売り増しポジション(116.05)について、
損切はそのまま(終値116.50超えたら損切)、利食い目標は110.50のまま維持します。

先週末の売りポジション(115.10)について、
損切はそのまま(終値115.50超えたら損切)、利食いは110.50に統一します。
USDJPY_D1_20161213.png

自分用メモ 「押し目買いポイント」
①108.76(週足+1σ、月足38.2%)
②106.35(月足-1σ、週足161.8%、5月3日安値)
③104.80(週足SMA20、週足100.0%、9月2日高値)

USDJPY 売り増し116.05 利食い目標110.50

USDJPYは、2015年8月24日安値116.13の手前で 106.05円売り増しました。
このポジションについて、終値で106.50超えなければ、利食い目標は110.50にします。

先週の売りポジション(115.10)について、
損切はそのまま(終値115.50超えたら損切)、利食いは、110.50に調整します。
USDJPY_W1_20161212.png

USDJPY売り115.10 利食い目標109.50

USDJPY 115.10円(月足20MA)で売りポジションを作りました。
終値で115.50超えたら損切し、利食い目標は週足20MA(109.50)付近にします。
USDJPY_MN_20161209.png

ドル円の行方と20SMA(103.62)

昨日5日(水)のドル円は7日連続陽線で続伸しました。

週足20SMA(103.62)を一度タッチし(高値103.66)、NY終値(103.49)は週足20SMA(103.62)の手前に引き、前日のNY終値(102.88円)と比べて61銭程度のドル高水準になりました。

20161006_USDJPY_H1.png

本日の焦点は、今朝4時過ぎの3週間ぶりの新高値(103.669)を再度更新できるか否か、NY終値で週足20SMA(103.62)を超えるか否か、今後の見方が変わりそうな重要局面に差し掛かっており、本日の欧米市場の値動きが注目されるでしょう。

20161006_001.png

※USDJPYの今週のストラテジーについて
※ドル円、7回の挑戦で二度目の正直!?

10/05のツイートまとめ

qing2000

ドル円、7回の挑戦で二度目の正直になる!?https://t.co/LrBlreQ5cs https://t.co/UuX4TAKb6Z
10-05 10:34

「人民元」が世界第3の国際通貨に

10月1日、国際通貨基金(IMF)が、加盟国189カ国に配分する仮想通貨「特別引き出し権(通称SDR)」に中国の通貨、人民元を加えました。

今までIMFのSDRは、米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円で構成されて、世界最大規模の仮想通貨です。

SDRは、国際交流動性の不足に備え、金や米ドルの資産を補完する目的で1969年に創設した国際準備資産です。

基本的に出資額に応じて加盟国に配分され、国際収支の悪化などで外貨準備不足の危機に直面した加盟国は、配分されたSDRを渡すことによって、渡した相手加盟国から外貨を引き出すことが可能になります。

SDRバスケットの比率は、
①米ドル=41.9%→41.73%
②ユーロ=37.4%→30.93%
③中国元=0%→10.92%
④日本円=9.4%→8.33%
⑤英ポンド=11.3%→8.09% となります。
wikipedia_SDR001.png
5年に一度、大幅な見直しが行われるSDR比率ですが、次回2020年まで中国元のシェアが拡大することが考えられ、いまとまったく違う風景になっているかもしれません。
検索フォーム
最新記事
カテゴリ
スポンサーリンク
RSSリンクの表示
プロフィール

実録FX

Author:実録FX
多通貨・複数時間足を分散することで、相場の流れに対し有利な自動売買EAの構築を目指しております。

基本的なトレード手法はスイングのトレンドフォローです。相場強弱、エントリータイミング、ロスカット、エグジットのトレード精度向上を目指します。取引事績や基礎知識などを随時更新していきますので宜しくお願いいたします。

「相互リンク」、大歓迎です。同ジャンルであれば基本的に、リンクを断ることはありませんので、貴ブログに当ブログのリンクを設置後でも、ご連絡いただければ当ブログで貴ブログのリンクを追加させていただきます。

投資につきましては、各自のご判断で行って頂きますようお願い致します。当ブログで提供している情報は、投資を勧誘する目的で提供しているものではありません。一切責任を負いませんのでご了承ください。

当ブログの詳細は以下の通りです。
・ブログ名:必勝の方程式 「トレードの真実」
・URL:http://thrustbands.blog.fc2.com/
お時間のある方はぜひご覧ください。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
経済指標
最新コメント

Top